妊娠しやすい体位ってあるの?性交後に腰を上げるといいってホント?

妊娠やすい体位妊活
スポンサーリンク
  • 妊娠しやすい体位ってあるの?
  • 性交後に膣から精子が出てくるんだけど、妊娠できるの?
  • 性交後に腰を上げると妊娠しやすいってホント?

子作りをする中で、上記のような疑問を抱いたことはありませんか?

知人から

  • ○○位で性交したら妊娠した
  • 性交後に逆立ちをするといい
  • 妊娠しやすい体位は○○位だよ!

と聞いて同じように取り組んでいるけれどなかなか妊娠しない…という方もいるかもしれません。

ネットで検索してみても、賛否両論ありますよね。

本記事では、

  • 妊娠しやすい体位
  • 妊娠しやすいセックス

について、整体師としての私の見解を述べたいと思います。

巷の情報に右往左往してしまうのは、予備知識が不足しているからです。

人体の仕組みをきちんと理解すると、このような疑問にも明確な答えを示すことができます。

妊活中の方は、是非最後まで読んでみてくださいね。

妊娠しやすい体位ってあるの?

体位と妊娠率の関係

まず結論からいうと、妊娠しやすい体位というのはありません

先日、以下のツイートをしました。

「妊娠しやすい 体質」と検索すると色々出てきますが(子宮前屈位の人は正常位がいい!的な)、それらを立証する研究データは存在しません。子宮や卵管の構造的に、重力を使える体勢の方が精子が奥まで届くという理屈だと思いますが、精子は自分の力で泳ぎ卵子に辿り着きます。体位は関係ありません。

要は、どんな体位でも妊娠する人はしますし、しない人はしません。

ネットでは、「妊娠しやすい体位は○○位!」と断言している記事も多数ありますよね。

例えば、通常は下図の1のように子宮は前屈位の状態にありますが、この構造を考慮すると「正常位でなおかつ腰に枕を入れた状態で性交すると妊娠しやすい」と言われています。

子宮の構造
子宮の構造(身体を横から見た図)

子宮の傾きを考えたときに重力を使って精子を送る込める体位だから、というのがこの主張の言い分です。

たしかに、言わんとしていることは分からなくはありません。

また、より深い位置まで挿入できる体位が良いという理由で、後背位(バック)が妊娠しやすいとする意見もあります。

しかし、これらの意見を立証する、すなわち体位と妊娠率の関係を示す研究データは今のところ存在しません。

残念ながら、巷で流れている「妊娠しやすい体位」に関する情報には、科学的根拠がないんですね。

coto
coto

なかなか実験するのが難しいテーマではありますよね…。

一見すると理にかなっているように思えますが、実証されていないのであれば机上の空論に過ぎません。

性交後に腰を上げるといいってホント?

行為後は腰を上げて30分くらい休んでいるといいらしい。

逆立ちすると妊娠しやすいんだって。

という話もありますが、これらも同様に科学的な根拠はありません。

「精液が膣から出てこないようにするため」ということですが、射精後に精液が流れ出てくるのは普通のことです。

「こんなに出てきたら妊娠できないのでは?」と心配する女性もいますが、妊娠可能な元気精子はちゃんと子宮に送り込まれているので安心してください。

射精された精液は30分くらい経つと液状化し、膣の外に流れ出ます。通常、射精した精子の9割以上は膣外に出ると言われています。

coto
coto

子宮内に留まるのはほんの一部ですが、その一部のたった一つの精子が卵子と受精するのです。

実際に、「性交後に逆立ちしたら妊娠した!」という人もいますが、たまたまでしょう。

それによって妊娠率が上がることを裏付ける根拠はありません。

これに関しては、多くの産婦人科医も「妊娠率には関係ない」という見解を示しています(詳細はこちら)。

ポイント
  • 妊娠しやすい体位はない
  • 性交後に腰も持ち上げても妊娠率は上がらない
スポンサーリンク

精子は自力で卵子に辿り着く

精子は自力で卵子に辿り着く

精子は推進力を持っている

精子は精巣内に貯蓄されている間は運動性を持ちませんが、精巣上体に輸送されて膣に射精されると一気に運動性が高まります。

膣や子宮の中を1分間に2~3mmのスピードで前進し、射精から1時間後には卵管に到達します。

精子は子宮の中を自らの力で泳いでいくのであって、重力があろうがなかろうが関係なく前進していくんですね

つまり、

  • 正常位だから精子は重力に従って前進しやすい
  • 後背位(バック)は深く挿入できるから精子が奥まで届きやすい

というのは全くのデタラメで、精子が健康である限りどんな体位でも自ら進んでいくのです。

ポイント
  • 精子は運動性を持つため、どんな体位でも自ら子宮の中を前進する

精子の質を左右する要因

ところが最近は、男性の「精子力」の低下が不妊の原因として増えてきています。

元気のない精子は射精後も自力で進むことができず、卵子と受精することができません。

精子の質は、食生活やストレスを含む生活習慣に左右されます。

特に、

  • サウナ
  • タバコ
  • 電磁波
  • ストレス
  • 禁欲

は精子の質に大きく影響を与える因子なので、男性の方は注意しましょう。

妊娠するために体位よりも大切なこと

妊娠しやすい体位:まとめ
まとめ
  • 体位と妊娠率の関係性を裏付ける科学的根拠はない
  • 「性交後に腰を上げたり逆立ちをすると妊娠しやすい」はウソ
  • 精子は運動性を持つため、どんな体位でも子宮の中を前進する

もし本当に妊娠しやすい体位が存在するなら、多くの不妊外来で医師から指導されるはずですよね。

でも実際はそうではありませんし、むしろ「体位と妊娠率は関係ない」と主張する専門医の方が多いのが現実です。

大切なのは、「妊娠のためのセックス」と考えるのではなく、お互いに好きな体位を楽しみ愛情を感じ合うことではないでしょうか。

また、妊娠を望む気持ちはわかりますが、タイミングばかりを気にするのも良くありません。

・関連記事:『妊活で大切なのはタイミングよりも回数!【妊娠率アップのカギ】

「どうしたら妊娠できるんだろう」と頭で考えるのではなく、日頃から自分たちの好きなようにセックスを楽しむことが妊娠への近道かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました