30代自営業夫婦のお金事情。お小遣い制が上手くいかない理由。

生活
スポンサーリンク
coto
coto

こんにちは。cotoです。

私たちは夫婦で自営業をしています。

夫はwebライター、メルマガ運営、講演会講師として複数の収入口を持っていますし、私も整体師とブログ運営で収入を得ています。

今回は、「そんな我が家ではお金の管理はどうしているのか」というテーマで記事を書きたいと思いますが、結論からいうと、

  • 共通財布
  • 非お小遣い制(必要な時に渡す)

です。

結婚当初からこのスタイルでやりくりしていますが、これまで夫からお小遣いを要求されたことはありませんし、そもそもお金のことで揉めたことは一度もありません。

むしろ私たちの場合、夫婦円満の秘訣の一つはこのお金の管理方法にあると思っています。

本記事では、

  • 自営業の我が家のお金事情
  • 我が家でお小遣い制が上手くいかない理由
  • 非お小遣い制で円満にやるための秘訣

についてお伝えしていきます。

・関連記事:『結婚相手が自営業でも大丈夫!お金の不安を解決するためにすべき3つのこと

自営業の我が家は非お小遣い制

基本的に財布は一緒

我が家ではそれぞれの収入はひとまとめにして、すべての支出をそこから出しています。

家賃、光熱費、食費はもちろん、自分たちが受ける研修費や書籍代、友人との食事代、飲み会代なども含めたすべての支出です。

月々の売り上げ(収入)、仕事に関わる経費は私がパソコンで管理し、プライベートでの支出も大まかに記録して把握しています。

老後に備え、ある程度の貯金もしておきたいので、その月の収入から支出を差し引いて余剰分を貯金するというスタイルでやっています。

「毎月〇〇万貯金しよう」という目安はありますが、当然ながら、自営業なので毎月の収入は一定ではありません。

今月は家具家電が相次いで破損し、研修や旅行も重なったため、貯金はほぼゼロです(笑)。

それでも、基本的には毎月一定の額を貯金できているので、たまにプラマイゼロ(むしろマイナス?)の月があってもそんなに焦らないですね。

このやり方のメリットは、

  • 月々の売り上げや純利益が把握しやすい
  • 毎月の貯金額が算出できる

つまり、お金の動きが見えやすいという点です。

簡単にいうと、「今月は○○円稼いで○○円使った、だから○○円貯金できた」というのが夫婦の間で認識しやすいんですね。

自営業の我が家は非お小遣い制

お互いのお小遣いは?

それぞれの個人的な買い物や出費はどうしてるの?

我が家にはお小遣い制度がないため、個人的な買い物や出費も共通財布から出します(というか共通財布しかない)。

例えば、夫が友人と飲みに行ったり趣味に使うお金が必要となったら、その都度お金を渡すという感じです。

私も欲しい本や服があったら、夫に相談することなく買います(笑)。

ただ、一万円を超えるような額の大きいものに関しては、お互いに相談してから購入していますね。


お小遣い制が上手くいかない理由

何をお小遣いから出すのかという線引きが難しい

我が家が結婚当初からお小遣い制を導入しなかったのには、明確な理由があります。

それは、お小遣いで賄う範囲を線引きするのが難しいということです。

おそらく、これが原因で夫婦のトラブルが起きている家庭は多いのではないでしょうか。

まず、お小遣いはいくらにするのかというところから始まり、「仕事関係の飲み会代はお小遣いから出すのか?」「書籍代は?」と、どこまでをお小遣いの中でやりくりするのかと考えるとキリがありません。

特に自営業で複数の収入源がある場合、仕事とプライベート(趣味)の垣根が非常に曖昧です

例えば私であれば、整体師としての知識をブログで発信する一方で、日常で起きたこともネタにして書くことができます。

知人と外食して何を食べただとか、○○にお出かけしたとか、そういったことも記事にして収益化したとしたら、そこに費やしたお金も経費とみなすことができますよね。

夫であれば、ビジネス書や自己啓発本をよく読んでいますが、これだって仕事に直結するものです。

このようなライフスタイルの私たちにとって、お小遣い制のルールを決めるのは極めて難しいのです。

お小遣い制が上手くいかない理由

自己投資の機会が減る

仮に、私たちがお小遣い制にしたとしましょう。

お互いに毎月3万円の中で、趣味や外食にかかるお金をそれぞれ賄うとしたらどうなるのか。

限られた金額の中でやりくりしなければならないのに加え、おそらくは「自分のお金」という意識が強くなり、できるだけ手をつけずに残しておくようにすると思います。

お小遣い制賛成派の方は、「それなら、無駄遣いが減っていいんじゃない?」と思うかもしれません。

そもそも、お小遣い制にする理由は無駄な出費を省くためですよね。

確かに、

  • お酒やタバコ、ギャンブルに多額を注ぎ込む
  • 使うかわからないものを「安いから」という理由で買う

というようなお金の使い方は無駄な浪費です。

ただ、私たちは元々ギャンブルはしませんし、そこに関しては既に削れるだけ削っています。

じゃあ何に使っているのかというと、主に「自己投資」です。

家賃や食費など、生きるために必要な生活費を除くと、書籍代や研修費、仕事仲間との交際費にお金を費やしています。

つまり、自分を成長させ、人生をより豊かにするための支出ですね。

また、夫はアウトドア、私は旅行という趣味がありますが、「経験値を高め、人生を豊かにする時間」と考えれば、趣味活動も立派な投資の一つです。

もしもお小遣い制になったとしたら、上限が決められていることで投資する機会が減ってしまう可能性があります。

自己への投資は、その経験が深みを増して自分が豊かになるほど、いずれ支出した以上の額が返ってきます(もちろん限度はありますが)。

それをお互いに理解しているから、私たちの場合はお小遣い制にするメリットがあまりないのです。

非お小遣い制で上手くやる秘訣

非お小遣い制で上手くやる秘訣

お金の動きの“見える化”

非お小遣い制で夫婦円満にやるためには、いくつかのポイントがあります。

その一つが、お金の動きを見える化することです。

月々の収入と支出、その内訳について、夫婦の間で風通しをよくすること。

私は結婚してから最初の3か月間は、事細かに家計簿をつけて夫と共有し、節約できるところはないか、無駄な出費はないかと話し合いました。

今は大まかな数字しか把握してませんが、パソコンを開けばだいたいのお金の移動がわかるようにしてあります。

よく、奥さんが財布を握って旦那さんは家計についてノータッチ、という家庭がありますがこれはあまりおすすめできません。

夫婦で家の財布事情を共有することで、「無駄な支出を減らして効率的に貯蓄しよう」という協力体制が生れやすくなります。

投資するところ、節約するところを明確にする

もう一つ徹底しているのが、投資するところと節約するところを明確にすることです。

私たちの場合、スキルアップのための研修や資格取得のための講座、ビジネスや医学関連の書籍にはお金をかけますが、光熱費や保険、家具家電などは最低限に抑えるようにしています。

特に、医療保険、車の保険は内容をよく知らずに契約している場合が多いので、一度見直すことをおすすめします。

我が家も去年、いくつかの保険の契約内容を変更したところ、毎月4~5千円浮くようになりました。

投資するところ、節約するところが明確になると、無駄な出費がなくなり、よりお金を有意義に使おうという意識が芽生えてきます。

「自分のお金」という意識を捨てる

結婚してから考えるようになったのが、「お金の所有」についてです。

夫婦で財布は別々という家庭もありますが、あえて私たちがそうしないのは、お金の所有意識に意味を見出せないからなんですね。

例えば、私がブログで得た収入を「自分のお金」とすることはできますが、夫もブログの内容を考えてくれたり、文章を確認してくれたりしていることを考えると、決して私だけの力で得た収益ではないわけです。

お小遣い制にすると、「自分のお金」という意識が生じることになり、これがトラブルを起こすきっかけになるのではないかと思っています。

お金の所有意識を捨てるということは、相手を絶対的に信用することです。

「相手が変なことに使ったりしないか」などと少しでも疑いの心があると、「自分のお金」として所有したくなります。

結局、すべては夫婦の信頼関係の上に成り立っているのです。

自営業でもお小遣い制にした方が良いケース

自営業でもお小遣い制にした方が良いケース

とはいえ、お小遣い制の方が向いているケースもあります。

お小遣い制にするメリットは、無駄な支出を減らすことにありますから、配偶者に浪費癖がある場合は、お小遣い制にいた方が良いかもしれません。

  • お酒、タバコが好き
  • ギャンブルをする
  • ブランド品が好き
  • 衝動買いが多い

という場合は、月々のお小遣いを決めてその中でやりくりする方が賢明といえるでしょう。

ただし、単に数字で上限を決めてしまうと、いずれ不満が募る可能性があります。

「なぜギャンブルをするのか」「なぜ浪費癖があるのか」という問いに対峙しないことには、つまり自分自身と向き合わなければ、根本的な解決は難しいでしょう。

お金の管理の仕方は、家庭によって様々です。

私たち夫婦にとっては上記のやり方がベストですが、これが正しいとは思いません。

働き方やライフスタイル、価値観が違えば、お金の事情も変わってくるでしょう。

だからこそ夫婦で話し合い、それぞれにあった管理をしてほしいなと思います。

・関連記事:『共働き夫婦の家事分担。役割はあえて決めない方が上手くいく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました