椎間板ヘルニアは手術しても治らない?術後多くが再発する理由。

身体の不調
スポンサーリンク

病院で椎間板ヘルニアと診断され、勧められるままに手術をしたけれど、術後の経過が思わしくない…というケースをよく耳にします。

椎間板ヘルニアは、頸部や腰部の椎間板が脊髄の方へ飛び出し神経を圧迫している状態です。

病院では、「飛び出ているヘルニアを切除すれば症状が治る」という考えのもと手術を行いますが、術後も痺れが残存したり、数年後に再発したりする例も多く、手術をしたからといって症状がすっきり解消するというわけではありません。

この記事では、ヘルニアの手術をしても症状が改善しない理由について解説していきたいと思います。

 

椎間板ヘルニアは手術しても治らない

ヘルニアを切除しても治らない理由

ヘルニアがあるかどうかは、病院のMRI検査で診断することができます。

時々、レントゲンだけ撮って「ヘルニアです」と診断する医師がいるようですが、椎間板は軟骨なのでレントゲン写真には写りません。

MRI画像でヘルニアが神経を圧迫している所見があれば、(程度にもよりますが)手術をしてヘルニアを切除しましょうというお話になるわけです。

ところが実際には、

  • 何の症状がない人でも、MRIでヘルニアの所見がみられることがある
  • ヘルニアを切除する手術をしたにも関わらず、症状が残存している
  • 手術をせずに症状が改善したが、MRIを撮ると以前と同様にヘルニアがある

というような事実が存在するのです。

これは、ヘルニアと症状の有無には必ずしも関係性はない、つまり「ヘルニアが症状を引き起こす原因とは限らない」ということを示唆します。

もし、ヘルニア以外の要因で症状が起きているとしたら、ヘルニアを切除しても意味がありません。

「手術を勧められたけどしたくない」と言って整体を受けにくる患者さんもたくさんいますが、根本的な原因部分を徒手的に取り除くことで改善するケースは多々あります。

この事実を目の当たりにすると、本当にヘルニアの手術が必要な人というのは、実はほとんどいないのではないかと感じています。

ヘルニアの手術のリスク

ヘルニアの手術にはリスクも伴います。

どんな手術であれ、身体にメスを入れるとその周囲の皮膚や、筋肉、筋膜は時間とともに瘢痕化します。

要は、組織が変性して硬くなっていくのです。

瘢痕化した組織は元の状態に戻ることはなく、むしろ経時的に変性が進み、新たな問題を生じる可能性すらあります。

水面に石を投げるとそこを中心に波紋が広がるように、術創部の瘢痕化した組織は周囲に影響を及ぼします。

「手術をして症状が改善したけれど、数年後に痛みが再発した」というケースをよく聞きますが、メスを入れることによる影響もゼロではないでしょう。

椎間板ヘルニアを治すには

椎間板ヘルニアの真の原因

ヘルニアによって症状が起きているのではないとしたら、本当の原因は何でしょうか。

結論からいうと、突出したヘルニアによって神経がこすれて炎症を起こしていることが、痛みや痺れを引き起こす原因です。

逆にいえば、ヘルニアがあっても神経が炎症を起こしていなければ辛い症状は起こりません。

では、なぜ炎症が生じるのか。

脊髄神経は背骨の中を通り骨盤まで走行しているため、背骨や骨盤のズレや歪みがあると、神経に摩擦や炎症が起きやすくなります。

また、ヘルニアは頸椎であればC5/6、C6/7間、腰椎であればL4/5、L5/S1間に頻発しますが、多くの場合、この部分の背骨に大きな異常はありません。

C:頸椎 L:腰椎 S:仙椎

それよりも、隣接した背骨や骨盤にズレや歪みが生じているケースが圧倒的に多いのです。

この部分の問題を解決しないことには、症状から解放されることはありえません。

対症療法の限界

ヘルニアに対する一般的な治療は、投薬、注射、手術のどれかですが、残念ながらすべてその場しのぎの対症療法にすぎません。

根本的な原因に対処しなければ、一時的に楽になったとしてもその後再発を繰り返すことになるでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアガイドラインには、

  • ヘルニアに対する手術療法と保存療法(手術をしない場合)の予後を比較すると、手術療法の方が短期的な効果はあるものの、10年後の時点では両者に差異はみられない
  • 保存療法の効果の見極めを短期間で行い、手術を急ぐメリットはあまりない

と明記されています。

病院で手術を勧められたとしても、すぐに決断する必要はありません。

まずは保存療法でできることを実践し、その効果を見極めてからでも遅くはないのです。

信頼できる整体院で根本解決を

ヘルニアと診断されたら、信頼できる整体院で根本解決を図りましょう。

症状を引き起こしている骨格の問題が、必ずあるはずです。

整体院を選ぶポイントは、以下の通りです。

  • 電気や牽引でなく、徒手で施術している
  • 骨格や筋肉だけでなく、内臓系を含む全身の組織の調整ができる
  • 保険診療ではなく自費診療
  • マッサージはNG

どんな症状でも自然な形で治癒することが一番です。

手術はあくまで最終手段ということを忘れないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました