引き寄せの法則が「嘘」と言われる3つの理由【妄信するのは危険】

引き寄せの法則が嘘と言われる3つの理由生活
スポンサーリンク
  • 強く願えば思い通りになる
  • 目標を明確にすれば、それに必要な情報やモノが手に入る
  • 願望は現実化する

このような引き寄せの法則について、あなたはどう思いますか?

「その通りだと思う」「信じている」という人もいれば、「うーん、なんかちょっと嘘くさい…」と感じる人もいるでしょう。

このようなスピリチュアル系の話は、特に意見が二極化しやすいテーマではありますよね。

ただ、引き寄せの法則の本質を紐解いてみると、そこにはいくつかの盲点があることに気が付きます。

もちろんすべてが嘘とは言いませんが、悪用されやすい性質をはらんだ、非常に危うい法則なのです。

本記事では、

  • なぜ引き寄せの法則は「嘘」と言われるのか
  • 目標よりも重要なこと

について解説していきます。

この記事を読めば、スピリチュアルの世界が内包している欠点や矛盾について理解できるかと思います。

・関連記事:『なぜスピリチュアルでは病気を解決できないのか?【注意すべき3つの落とし穴】

引き寄せの法則が「嘘」と言われる3つの理由

引き寄せの法則が「嘘」と言われる3つの理由

引き寄せの法則が嘘くさいと言われるのには、以下の3つの理由があります。

  1. 本質はカラーバス効果に過ぎない
  2. 願うだけでは現実は変わらない
  3. 楽して目標を達成できると勘違いしてしまう

一つずつ詳しく説明していきます。

本質はカラーバス効果に過ぎない

カラーバス効果とは心理学の世界で用いられる用語であり、「ある一つのことを意識すると、それに関連する情報が目に入りやすくなる」という心理効果です。

例えば、「次に車を買うならプリウスが欲しい!」と思っていると、やたらと街で走っているプリウスが目に留まったり、プリウスの宣伝に敏感になったりしませんか?

認知科学者の苫米地英人さんは、

人は自分の見たいものを見たいように見ている

と言っています。

脳は、目で見たすべてのものを認知しているわけではないということです。

先程の例でいえば、「プリウスが欲しい」と思った瞬間に街中のプリウスの数が物理的に増えたわけではありませんよね。

頭の中で意識し始めたことがきっかけで、目に留まるようになったのです。

coto
coto

つまり、自分の都合の良いように認知できるということですね。

引き寄せの法則の本質は、まさにこのカラーバス効果によるものです。

「強く願っていることが引き寄せられる」と、あたかも欲しい物事が勝手に舞い込んでくるかのようなキャッチコピーを謳っていますが、実際には自分が見たいものを見るように意識しているだけの話です。

仮にあなたが、あるブランドの化粧品を使いたいと望んでいたとして、直後にネットでその化粧品のセール情報を目撃したとしたら、どうでしょうか。

引き寄せの法則の信者であれば、「自分が引き寄せた!」と解釈すると思いますが、現実的な観点からいえばそのセール情報はあなたの意識とは無関係に掲載されていたわけですよね。

要は、実際に「引き寄せている」わけではなく、カラーバス効果を利用して「アンテナを張って都合よく解釈している」に過ぎないのです

願うだけでは現実は変わらない

引き寄せの法則に関連する本やセミナーでは、「目標を明確化すると望みが叶う」などと言われています。

たしかに、目標は具体的にイメージした方がよいでしょう。

ただダイエットをするよりも、「海で水着を着るために5キロ痩せる」という目標を掲げた方が、達成するための原動力になりますよね。

ただ、ここに一つ落とし穴があります。

それは、願望だけを抱いて終わってしまうケースが多いという点です

「5キロ痩せたい」という目標はあるものの、そこに至るための具体的な方法についてイメージできていなければ、達成できるわけがありませんよね。

本気でダイエットをするなら、食事制限や運動は必須ですし、実際にどのような食事内容にするのか、運動は何をどの程度するのか、という細かいプロセスを考えて実践しなくてはなりません。

しかし、引き寄せの法則を信じる人の多くは、

  • 老後はハワイで暮らしたい
  • 自分のレストランを持ちたい
  • 地元に天然芝の野球場をつくりたい  
  • 世界一周したい

といった大きな夢はあるものの、「じゃあそのために今何をしているの?」と聞くと、答えられないケースがほとんどです。

いくら壮大な夢を持っていても、そこに行き着くまでの地道なステップを踏まないことには、達成できるはずもありません。

楽して目標を達成できると勘違いしてしまう

よく、「簡単に幸せを手に入れる方法」として引き寄せの法則が紹介されていたりします。

たしかに、カラーバス効果によって今までスルーしていた情報をキャッチしたり、新たな気づきを得ることで、幸せを感じることはあるかもしれません。

「身近な小さなことに感謝しよう」と思ったら、それまで気づかなかった日常のささやかな出来事に喜びを感じられるようになるでしょう。

ただ、目標を実現させるにはそれだけでは不十分で、自分の足で着実なプロセスを踏まなければなりません。

その過程は、決して楽な道のりではないはずです。

ところが、引き寄せの法則を信じている人は、例のキャッチコピーにより「楽をしてゴールに行ける」と思っている傾向にあります。

ここを勘違いしてしまうと、行動を起こす中で壁にぶつかる度に挫折してしまいます。

「楽しく」ゴールにたどり着けることはあっても、「楽して」到達することはありえません。

目標よりも具体的なステップが重要

目標よりも具体的なステップが重要

ここまで、引き寄せの法則が嘘と言われる理由について説明してきました。

次に、現実的に目標を達成するためのポイントについて述べたいと思います。

目標を立てただけで満足していないか?

前述した通り、引き寄せの法則には、

  • 目標だけを描いて終わってしまう
  • 簡単に望みを叶えられると思ってしまう

という盲点があります。

なぜこうなってしまうのかというと、目標を掲げた時点で達成した気分になってしまうからです。

これは日常的にも起こりうる現象ですが、将来の夢や目標を考えているときって、気分が良いですよね?

願望が実現した自分を思い描くのは楽しいですし、ポジティブな気持ちになります。

この状態を、脳は「すでに達成した」と錯覚してしまうのです。

具体的なルートを考えよう

しかし当然ですが、この時点ではまだ何も成し遂げていません。

望みを手にするために重要なのは、目標設定よりも「どういう方法で到達するか」というプロセスです。

そこに辿り着くまでの具体的なルートを考えましょう。

ポイントは、漠然とした方法ではなく、できるだけ細かいステップをイメージすることです。

友人を自宅に招待するとき、「ウチは駅から南西の方向にあるよ」では不十分ですよね?

「ここの通りを左折して○○の建物の裏」というように具体的に説明してあげた方が親切です。

ダイエットであれば、次のようにプロセスを考えると良いでしょう。

【目標】3か月で5キロ痩せる

【方法】

  • 食事改善:間食をやめる(お菓子、ジュース類)、ご飯の量を半分にする
  • 運動:週に3回以上ジョギングをする、自転車で通勤する
  • その他:毎日体重を測りアプリで管理する、SNSでダイエット宣言をする

引き寄せの法則を妄信するのは危険!

引き寄せの法則を妄信するのは危険!
まとめ
  • 引き寄せの法則の本質はカラーバス効果
  • 引き寄せの法則には、目標を立てて満足してしまう、達成した気分になってしまう、簡単に望みを叶えられると勘違いしてしまう、というリスクがある
  • 目標達成のためには、具体的なルートを考えて実践することが必要

引き寄せの法則や自己啓発にハマる人は、そこに多大なお金と時間を費やします。

でも、その先にあるのは宙に浮いた理想像だけ。

その夢を手繰り寄せるには、地道なステップを進み続けるほかありません。

スピリチュアルの世界を否定するつもりはありませんが、それだけでは不十分です。

現実的なプロセスを着実に踏むことが、成功への唯一の道だと思います。

・関連記事:『【ヒーリングは怪しい?】詐欺まがいのヒーラーに共通する5つの特徴

タイトルとURLをコピーしました